育毛剤の医薬品と医薬部外品と化粧品の違いについて

育毛剤の医薬品と医薬部外品と化粧品の違いについて

 

育毛剤を購入したことのある女性の方であれば見たことがあると思いますが

 

  • 【医薬品】
  • 【医薬部外品】

 

などと表記されています。

 

育毛剤というのは、それにもう一つ

 

  • 【化粧品】

 

を加えて大きくの3つに分類されています。

 

育毛剤などの公式ページなどでもよく

 

「厚生労働省認定の医薬部外品です。」

 

などという表記もあるのを見たことがある方もいらっしゃと思います。

 

皆さんの中では

 

「厚生労働省認定ならなんか薄毛にも良さそうだな。」

 

というイメージを持つ方が多いと思います。

 

ですがこれが一体どんな意味を持っているのかまでは良く分からない
という方のほうが多いのではないでしょうか?

 

というわけで今回はその3つの違いについてお話していきますね。

 

 

 

育毛剤のそれぞれの違いって何?

 

ではそれぞれの違いについてお話していくと

 

  1. 薬事法からみた違い
  2. 購入方法からみた違い
  3. 表示などの違い

 

この3つに分けると分かりやすいので
これに沿ってお話していきます。

 

 

1.薬事法から見た違い

 

まず日本には薬事法という法律があり、
医薬品、医薬部外品、化粧品にはそれぞれ定義づけしてあります。

 

 

医薬品

 

病気(疾病)の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされているもの。

 

を指します。

 

 

医薬部外品

 

極的に治療に用いられるものではなく、吐き気等の不快感、あせも、ただれ等
の防止を目的として使用されるもの。
また、口臭、体臭、脱毛の防止、育毛、除毛
等の美容目的に使用されるもの。人体に対する作用が緩和なもの。

 

 

化粧品

 

の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え又は皮膚若しくは毛髪を
健やかに保つために使用されることが目的とされているもの。人体に対する作用が
緩和なもの。

 

それぞれの引用元:日本学校保健会

 

 

 

このように分けられています。

 

 

 

2.購入方法から見た違い

 

今度は購入の仕方、入手の仕方の違いです。

 

 

医薬品

 

医薬品の中でも

 

  • 【医療用医薬品】
  • 【OTC医薬品】(大衆薬)

 

と呼ばれるものに分けられます。

 

 

①医療用医薬品

 

原則として医師・歯科医師の診断に基づく処方せんが必要で、薬
局において薬剤師から購入可能。

 

②一般用医薬品(大衆薬)

 

原則として「薬局」や「薬店・ドラッグストア」において薬剤師
等の薬の専門家の助言を得て自らの判断で購入可能。

 

 

化粧品、医薬部外品

 

「薬局」や「薬店・ドラッグストア」以外でも購入可能。

 

それぞれの引用元:日本学校保健会

 

 

 

以上のような区別もされています。

 

私たちが風邪をひいたときなどに飲む薬も

 

  • 病院で処方されるもの
  • ドラッグストアなどで購入するもの

 

では分類が違うということですね。

 

 

 

表示などの違い

 

最後は成分や、効果、効能などの表示における違いです。

 

 

医薬品

 

薬品は、その用途(「効能・効果」という)を明確にする必要があります。

 

(例えば、同じアレルギー疾患であっても「アレルギー性鼻炎」と「アトピー性皮膚炎」に対して
使えるようにするためには、それぞれの患者において有効性と安全性を確認する必要があります。)。

 

 

医薬部外品

 

一方、「医薬部外品」が表示できる「効能・効果」は、厚生労働大臣が認めた「緩和な作用」

 

(例えば、腸に対する効果では、「医薬部外品」は単に腸の調子を整えることを表示できますが、
「医薬品」で認められている下痢を止めるや便秘を解消するなどについては、表示することができません。)

 

に限られます。

 

 

化粧品

 

また、化粧品では、医薬品的な「効能・効果」は認められていません。

 

「医薬品」には、使用方法(「用法・用量」という)が決められており、医師や薬剤師等の指導や説明書(添付文書)
にしたがって使用することが必要です。

 

一方、「医薬部外品」や「化粧品」では、明確な使用法を規定する義務がありません。

 

 

それぞれの引用元:日本学校保健会

 

 

 

 

 

というわけで育毛剤にはこのような違いがあります。

 

育毛剤で例えると

 

医薬品成分であるミノキシジルなどが配合されているものですと効果、効能、用法容量の表示が
義務付けられていますが、

 

医薬部外品の育毛剤の場合はそれらの表示義務がないということですね。

 

医薬部外品の場合は

 

『1日2回適量を頭皮に塗布してください。』

 

と表記してあるものが多く、塗布量に関して○○mlなどの明確なものは書いてありません。

 

 

 

結局どれを選んだらいいの?

 

というわけで3つの違いを説明させてもらったのですが、
これから育毛剤を使ってみようという方からすると

 

「どれを選んだらいいかわからない」

 

という方も多いと思います。

 

詳しい話は

 

敏感肌女性のための育毛剤の選び方の3つのポイント

 

にて説明していますので重複する部分ではありますが、
今日のテーマに沿った選び方のポイントを1つお話していきますね。

 

キーワードは

 

目的に応じて選ぶ

 

です。

 

 

 

とにかく薄毛を改善したい!という場合

 

薄毛に悩まれている方であればもちろんこの気持ちは強いと思いますが、
ここでいうとにかくというのは

 

副作用のリスクなども承知の上

 

という意味でお話しています。

 

途中も若干触れましたが、近年最も薄毛治療に有効な成分として

 

【ミノキシジル】

 

という医薬品成分があります。

 

医薬品成分に分類されているのでもちろん
効果、効能は臨床データでも証明されていますので

 

髪の毛が生える

 

という点でも最も効果が高いです。

 

ただ効果には副作用というものもついて回ります。

 

ミノキシジルの場合は

 

  • 多毛症
  • 吐き気
  • 低血圧
  • ニキビ
  • 不整脈、動悸

 

などが挙げられます。

 

もちろん個人差があるので副作用の起きる人、起きない人様々ですが、
育毛のためならこれらの副作用は覚悟の上だという方は
こういった育毛剤を使用してみるのも一つの選び方だと思います。

 

その辺については

 

女性の薄毛にミノキシジルは使ってもいいの?その注意点について

 

というところでもお話しているのでそちらも参考にしてくださいね。

 

 

 

改善したいけど副作用がないほうが良い。という場合

 

「薄毛はどうにかしたいけど副作用があるのは怖い。」

 

髪の毛は生えて、副作用はない。これこそ皆さんが最も求める形だと思います。

 

この場合使用していただきたいのは医薬部外品なのですが、
途中3つの違いについてもお話したように、
医薬品までの効果は医薬部外品にはないです。

 

ただ体への作用が穏やかな為、副作用もアレルギーなどがない限りほぼないです。

 

そのため長期的な使用もOKですので。

 

ですが、育毛剤だけでなく生活習慣の改善などその他のサポートも大切になってきます。

 

 

 

まだ薄毛が気になるわけじゃないけどケアはしていきたいな。という場合

 

この場合は特に

 

『予防』

 

というのが大前提で、現状を維持していきたいという方ですね。

 

この場合は【化粧品】に分類されるものを使用されるといいと思います。

 

化粧品に分類される多くの育毛剤は比較的安価で購入できるので
経済的にも負担になりにくいです。

 

また医薬部外品と同様、体への作用は緩やかなので長期的な使用も問題なく
副作用の心配もほぼありません。

 

ただ効果が認められているわけではないので、
確実性を求めるのであれば医薬品や医薬部外品のほうが良いです。

 

 

 

敏感肌の女性には【ミューノアージュ育毛剤】がオススメ!

 

ちなみに当サイトでは無添加育毛剤のミューノアージュ育毛剤をおすすめしています。

 

 

このミューノアージュ育毛剤は

 

  • 6つの無添加処方
  • 皮膚科医との共同開発
  • 頭皮用美容液と薬用育毛剤の2剤式で女性の薄毛にWアプローチ

 

という特徴をもった育毛剤でより女性の肌のこと、薄毛のことを考えている育毛剤なんです。

 

詳しくは

 

ミューノアージュ育毛剤のおすすめポイントについて

 

にてお話していますので参考にしてくださいね。

 

先に公式サイトを見てみたいという方は下のボタンからチェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

まとめ

 

今回は育毛剤のそれぞれの違いについてお話していきましたが、
まとめていきますと

 

法律で分けられている
購入方法が変わってくる
表記が変わってくる
育毛剤を選び方は目的で変わってくる

 

の4つです。

 

途中ややこしい話にはなりましたが、
最後に話した目的別に選ぶという部分さえ押さえてもらえば
今回の話は伝わったかなと思います。

 

ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

関連ページ

白髪染めの色落ちを防ぐには【ノンアルコール処方】の育毛剤がオススメ
育毛剤を使ったことがある女性の皆さんの中には白髪染めが早く抜けてしまったという経験はありませんか?実はこれ育毛剤のアルコールに原因があるんですね。ここではアルコールと褪色の関係とオススメのアルコールフリーの育毛剤を紹介していますので参考にしてくださいね。
女性の育毛剤選びに大切な【保湿力】について
薄毛に悩んでいる女性の皆さんの中には育毛剤を探している方も多いと思います。ただ育毛剤選びって難しいので中々決められない方も多いのではないでしょうか?実はその育毛剤選びの大切な要素の一つに【保湿力】があります。ここではその理由についてお話していますので参考にしてくださいね。
女性の育毛にはイソフラボンよりエクオールがオススメ!
女性の薄毛の大きな原因は女性ホルモンの減少です。なので女性ホルモン様作用のあるイソフラボンはとってもおすすめなんです。しかし日本人の約半分がイソフラボンをきちんと体で活かせる体質ではないんです。というわけでここではイソフラボンについてのお話していますので参考にしてくださいね。
薄毛に悩む女性の育毛に育毛剤が必要な4つの理由について
育毛剤を使っている、今から使おうと思っている女性の皆さんの中には「なんで育毛が必要なの?」と疑問に思っている方も多いと思います。というわけで今回はその4つの理由についてお話していきたいと思います。
育毛剤を使っても効果が出ない5つの理由について
育毛剤を使っている女性の中には効果が出なくて困ってるという女性も多いと思います。ここではその理由を5つに分けてお話していきたいと思いますので参考にしてくださいね。
育毛剤の効果が出るのに時間がかかる3つの理由とは?
女性の皆さんの中には育毛剤を使ってるのに中々効果が出ないと悩んでいる方も多いと思います。というわけで今回は育毛剤の効果が出るのに時間がかかる3つの理由についてお話していきたいと思います。
育毛剤の使うときのポイントや使う上での疑問について
薄毛に悩む女性の中には育毛剤の使い方が分からないという方も多いと思います。ここでは育毛剤の使い方やポイントについてお話しています。またその他の育毛剤の疑問についてお話していますので参考にしてくださいね。
朝に育毛剤を使うのってどうやるの?そのポイントについて
育毛剤を使っている、もしくはこれから使おうと考えている女性の中には朝のスタイリング時にはどう育毛剤を使ったら良いか分からないという方も多いと思います。ここではその使い方やポイントについてお話していますので参考にしてくださいね。
育毛剤を使うタイミングはドライヤーの前?後?
薄毛に悩む女性の中には育毛剤を使うのはドライヤーの前か後か分からないという方も多いと思います。というわけでここではどちらがいいかお話していますので参考にしてくださいね。
女性の薄毛にミノキシジルは使ってもいいの?その注意点について
薄毛に悩む女性の皆さんの中にはミノキシジルの使用を考えている方も多いと思います。では女性の薄毛にミノキシジルは使ってもいいのでしょうか?今回はその注意点についてお話していきたいと思います。
年齢によって使う育毛剤は変わってくるの?年代別の悩みについて
薄毛に悩む女性は20代~50代まで幅広くいらっしゃいます。そしてそれぞれの年代ごとで薄毛の原因というものは変わってくるんですね。ではそれぞれの年代で使う育毛剤は変えたほうが良いのでしょうか?今回はその辺についてお話していますので参考にしてくださいね。
敏感肌女性のための育毛剤の選び方の3つのポイント
薄毛に悩む敏感肌の女性の中にはどんな育毛剤が良いか分からないという方も多いと思います。というわけでここでは敏感肌女性の為の育毛剤選びのポイントについてお話していますので参考にしてくださいね。
女性が男性用の育毛剤を使ってはいけない3つの理由
育毛剤には女性用と男性用とありますが、女性が男性用の育毛剤を使うのはおすすめではありません!ここではその理由を3つに分けてお話していますので参考にしてくださいね。
育毛剤の使用期限にってどれくらい?使いかけでも大丈夫?
薄毛に悩んでいる女性の皆さんの中には使いかけの育毛剤が出てきたけどどうしよう?という方もいらっしゃるのではないでしょうか?ではこのような使いかけの育毛剤は使えるのでしょうか?今回は育毛剤の使用期限についてお話していきたいと思います。